5月のソウル 【2018年】

今年もGWはソウルに!初夏のソウルを楽しもう!

こんにちは、ソウルナビです。季節は巡り巡りゆき、ソウルもいよいよ5月を迎えます!あのまだ寒かった3月を乗り切り、急に寒さが戻ってきたりといった4月の不安定な季節を乗り切り、いよいよ暖かい初夏のソウルがやってきます!ちょっと2ヶ月前まで氷点下でぶるぶる震えていたなんて信じられないぐらい、5月のソウルは暖かくていい季節。また梅雨前で雨も少ない5月はうってつけの旅行シーズンといえるでしょう。そんな春の陽気に誘われて、街に繰り出した人々を楽しませてくれるのは、あちこちで開催されるイベント!この5月、ソウルはいつもよりもっとにぎやかになりますョ!それでは、ソウルの5月について見てまいりましょう。

-カレンダー-

5月は公休日が比較的多く、子供の日や父母の日、夫婦の日など家族に関する日も多くあって「家族の月」と言われるほど。また今年(2018年)は子供の日の振替休日もあり、3連休に。メーデーから続く、プチゴールデンウィークのようになっています!

4/28(土)
 忠武公生誕の日 李舜臣(イスンシン)将軍の誕生日。いろんな記念イベントが開かれます。
・・・
5/ 1(火) 勤労者の日(メーデー) 祝日でありませんが多くの会社がお休みになります。
5/ 5(土) 子供の日(オリニナル) 韓国でも「こどもの日」。同じですね。祝日でお休みになります。
5/ 5(土) 立夏(イッパ) 暦上の夏の始まりです。
5/ 6(日) 宗廟大祭 毎年5月第1日曜日に宗廟で開かれる王家の祭礼儀式。ユネスコ人類無形遺産。
5/ 7(月) 振替休日 子供の日が土日と重なる場合、次の月曜日がお休みになります。
5/ 8(火) 父母の日(オボイナル) 韓国は「父母の日」。父母に感謝する日。
5/11(金) 燃灯会・燃灯行列(鍾路) お釈迦様の誕生日を祝うお祭り。~5/13まで3日間開催。
5/15(火) 師匠の日(ススンエナル) 先生に感謝する日。
5/20(日) ソウル路7017、オープン1周年
5/21(月) 夫婦の日(プブエナル)
5/21(月) 成年の日 成人の日。公休日ではありません。
5/21(月) 小満(ソマン) 24節気の一つ。植物が成長し、夏の気分が始まる頃。
5/22(火) 釈迦生誕日(ソッカタンシニル) 旧暦4月8日はお釈迦様の誕生日。韓国ではお休みになります。
・・・
6/ 6(水) 芒種(マンジョン) 二十四節気の1つ。麦を収穫し、稲の苗を植える日です。
6/ 6(水) 顕忠節(ヒョンチュンジョル) 国家のために命をささげた人を弔う日です。公休日でお休みになります。
6/13(水) 2018年地方選挙投票日 臨時公休日でお休みになります。
6/18(月) 端午(タノ) 陰暦の5月5日。昔から1年で一番陽気が旺盛な日として、大きな名節とされてきました。
6/21(木) 夏至(ハジ) 1年で一番昼間が長い日です。
6/25(月) 1950年、朝鮮戦争が起きた日です。通称6.25(ユギオ) 

-気になるお天気-


■■すっかり暖かくなって過ごしやすい季節!

5月のソウルは日中暖かく、歩いていると汗ばむほど。街には半そでの人も増えますが、まだ朝晩冷えることも多いので、薄手の上着は持ってこられた方がよいでしょう。また天気の良い日は日差しがけっこう強いので、日焼け対策も忘れずに!気温で見てみると5月の下旬になって、ようやく東京とほぼ同じぐらいになります。
ちなみに韓国気象庁によると、2018年の5月は前半、気温は平年と同じか高めに、後半は平年と同じぐらいに。また降水量も平年と同じ傾向に。

■■服装は?

朝晩の冷え込みもなくなり、ソウルもようやく寒くない季節。半袖に薄手の長袖の羽織るものがあると良いでしょう。ただし、5月は1年で一番日差しが強い季節。日焼け対策もお忘れなく~!

-GWのトピックス-



■■4/28は高宗・明成皇后嘉礼再現

毎年春、秋の2回、朝鮮王朝最後の王である高宗とその王妃、明成皇后との嘉礼儀式を再現したイベントが雲峴宮で開催されます。王妃として策命を受ける「妃受册儀」と、国王が王妃を迎える儀式の「親迎儀」で構成されています。式が終わった後は記念撮影も可能。

日時: 2018年4月28日(金) 14:00~16:00
場所: 雲峴宮

■■5/5は子供の日(オリニナル)

日本と同じく5月5日は韓国でも子供の日で祝日。この日は国をあげて子供をかわいがる日で、どこへいっても、何をしても親子連れでいっぱい。特に映画館やデパート、公園などはすごい混雑で、前に進むのも大変なくらい!?また、子供の日におもちゃを買ってあげることが多い韓国では、この時期にあわせて特設おもちゃ売り場などがデパートやマートなどにできるほど。
ちなみに今年は子供の日が土曜日のため、次の月曜日が振替休日に。3連休になるので娯楽施設などが込み合うことが予想されます。

■■5/6は宗廟大祭(チョンミョデジェ)

毎年5月上旬に、鍾路(チョンノ)にある宗廟(チョンミョ)公園で行われる李氏朝鮮王家の祭礼式。
ユネスコ世界無形遺産に指定された韓国の伝統祭礼儀式です。午前中は王様の行列、午後からは王朝歴代の王や王妃のチェサ(祭祀)が行われます。

日時: 2018年5月6日(日)
場所: 宗廟、鍾路

■■4/28から5/6まで、宮殿文化祝典

四大古宮と宗廟にて、より身近に歴史的建造物を味わい、楽しめるイベントが行われます。公演、体験、展示など、イベント内容は各場所によって異なります。詳しくはホームページを参照して下さい。

期間: 2018年4月28日(土)~5月6日(日)
場所: 景福宮、昌徳宮、昌慶宮、徳寿宮、宗廟
内容: 宮中音楽会、伝統芸能公演、韓福写真展など
HPhttp://www.royalculturefestival.org/ (韓国語・英語・中国語)

■■5/2から5/6まで、C-フェスティバル

COEX一帯で行われるイベント。手作りビール祭りやスカイアドベンチャー、ヒーローVR体験展、燃灯祭り、パレード、公演、展示、K-POPコンサートなど、子供連れ、家族、カップル、友達同士でも楽しめるイベントが数多く行われます。

期間: 2018年5月2日(木)~2017年5月6日(日)
時間: 10:00~19:00頃
場所: COEX、貿易センター一帯
HPhttp://www.c-festival.com/ (韓国語・英語)

-(GW以外の)5月のトピックス-


■■町中にあふれる提灯!5/12は提灯パレードも!

4月の下旬あたりから町中にあふれる提灯。これはお釈迦様の誕生日を祝うもので、毎年旧暦の4月8日に迎える釈迦誕生日前には町中がカラフルな提灯で埋め尽くされます。そしてハイライトは釈迦生誕日の1週間前の週末にわれる提灯行列!夕方、鍾路をたくさんの提灯と巨大な提灯のオブジェが練り歩きます。この間にソウルにいらした方は必見!
※2018年の釈迦生誕日(ソッカタンシニル)は5月22日(火)です。

日程: 2018年5月11日(金)~13(日)
場所: 鍾路一帯、曹渓寺、東国大学、光化門広場など

■■オボイナル(両親の日)、ススンエナル(先生の日)にはプレゼントを!

5月8日はオボイナル、5月15日はススンエナルといって、ご両親や日頃お世話になっている先生に感謝の贈り物をする日。先生やご両親を大事にする韓国らしい日といえましょう。また5月は家庭月間となっています。

■「ソウル路7017」オープンから1年!
2017年、ソウル駅の高架橋が公園に生まれ変わって1年。1年がたち、もうすっかりソウルを代表するスポットに!?南大門市場からソウル駅までの移動にも使えます。

■■イベントも夏時間になって続く!

冬の間お休みしたり、簡略化されていた野外イベントも、春を迎えて暖かくなるにしたがって徐々に再開されます。また3月から、冬時間から夏時間にかわった古宮や博物館などの公共機関。観光を予定されている方はお出かけの前にチェックしてくださいね。

■■まだまだ続く黄砂便り&PM2.5対策も~

ソウルの春といえば花粉症、ではなくあの黄砂・・・いよいよ空がなんとなく黄色い黄砂の季節がやってきそう。特に今年は例年よりも多いとの予想。マスクを持参したり、外出後のうがい、手洗いなどは各自された方がよいかも。
また最近はPM2.5も気がかり。どちらも注意しましょう。

■■パッピンスの季節!

5月になれば、コーヒーチェーンでもカフェでも今年のパッピンスのメニューが登場!コングクスと並んで夏のメニューの風物詩になっています。今年はどんな新作が登場するのか、期待が高まります。

-5月・ナビのオススメメニュー-


■■ずばり焼肉!
韓国グルメといったらやっぱり、にくにくにくにく「焼肉」!でも日本で「焼肉屋」というとカルビ、ロース、牛タンなどを焼いて食べるお店を意味しますが、こちら韓国ではカルビ、サムギョッサル、テジカルビ、ヤンコッチャンなど、それぞれの専門店を総称してコギチッ(肉屋)というのが一般的。カルビやロースなどの牛焼肉専門店はピンキリあるけれど全体的に高級イメージ、また懐を痛めずにたくさん食べられるのがサムギョッサルやテジカルビなどの豚焼肉専門店。この豚焼肉は韓国に来てそのおいしさを新発見した!って人も多いですよね。さらに、鶏や鴨(アヒル)の焼肉メニューもありあり!

-イベント、展示、公演編-

5月、こんな公演、イベントはいかがでしょう?
■昌徳宮・月明かり紀行

淡い月明かりの下、闇に潜む王宮の中を歩くことができるイベント。ライトアップされた王宮からは琴の音色が響き、さらに最後には伝統楽器の演奏も。

日時:~4/29(日)、5/10(木)~5/27(日) ※外国人は毎週日曜日
場所:昌徳宮

・・・その他ソウルのはこちらから・・・

○ソウルドラムフェスティバル
2018.05.25 ~ 2018.05.26 ソウル広場
○光化門(クァンファムン)国際アートフェスティバル
2018.04.19 ~ 2018.05.27 世宗美術館、蔚山広域市文化芸術会館、ソウルメトロ美術館
○ソウルバラ祭り
2018.05.18 ~ 2018.05.20 ソウルバラ公園

・・・ソウル郊外や地方のイベントはこちら・・・
■利川(イチョン)陶磁器祭り

窯や販売所が集まった陶芸村からの出張販売のほか、陶磁器作りなどの体験ができたり、他にもステージなど多くのイベントが催されて、様々なかたちで陶磁器に触れられ、大人から子供まで楽しめるお祭りになっています。

期間: 2018年4月27日(金)~5月13日(日)
場所: 京畿道 利川市 雪峰公園
HP: http://www.ceramic.or.kr/

■全州(チョンジュ)国際映画祭

ソウルから鉄道で約3時間、全羅道・全州(チョンジュ)で毎年開催される映画好きのためのイベント。デジタル映画を中心に一般の映画館ではなかなか観られない映画も多数上映されるほか、監督、俳優とのさまざまなイベントも予定されます。開催期間が5月のゴールデンウィークと重なることもあり、国内だけでなく海外からもたくさんの人が集まります。

日程: 2018年5月3日(木)~5月12日(土)
場所: 全羅北道・全州市内の映画通り・映画館
HP: http://www.jiff.or.kr/

■端午のイベント&お祭り
※2018年の端午は6/18(火)

端午の節句に合わせて、あちこちでお祭りやイベントが行われます。ソウル市内の行きやすいところは、毎年イベントを開催している南山コル韓屋村、国立民俗博物館、ソウル郊外の韓国民俗村、そして江原道は江陵の「江陵端午祭(カンヌンタノジェ)」。特にこの「江陵端午祭」は2005年に世界無形文化遺産に指定されている伝統祭り。時間のある方はぜひ、江陵まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

・・・その他のソウル郊外や地方のイベントはこちらから!・・・

<京畿道>
○加平(カピョン)エデン桜並木桜祭り
 ~ 2018.05.06 京畿道 加平郡 エデン桜並木 野外舞台前
○韓宅植物園(ハンテクシンムルウォン)春の花フェスティバル
~ 2018.05.22 京畿道 龍仁市 韓宅植物園
○楊平(ヤンピョン)いちご狩り祭り
 ~ 2018.05.31 京畿道 楊平郡 農村体験村
○水原(スウォン)演劇祭
2018.05.25 ~ 2018.05.27 京畿道 水原市 京畿サンサンキャンパス(旧ソウル農大)

<忠清道>
○泰安(テアン)世界チューリップ祭り
~ 2018.05.13 忠清南道 泰安郡 コッチ海水浴場

<全羅道>
○高敞(コチャン)青麦畑祭り
 ~ 2018.05.13 全羅北道 高敞郡 ハグォン(鶴園)観光農場一帯
○咸平(ハムピョン)蝶祭り
2018年4月27日~2018年5月7日 全羅南道 咸平郡 エキスポ公園、生態湿地、華陽近隣公園
○順天湾(スンチョンワン)国家庭園 春花祭り
 ~ 2018.05.22 全羅南道 順天市 順天湾国家庭園+順天湾湿地一帯など
○南原(ナムウォン)春香祭
2017.05.18 ~ 2017.05.22 全羅北道 南原市 広寒楼苑、蓼川一帯
○宝城(ポソン)茶香祭り
2018.05.18 ~ 2018.05.22 全羅南道 宝城郡 韓国茶文化公園および茶畑一帯

<慶尚道>
○密陽(ミリャン)アリラン祭り
2018.05.17 ~ 2018.05.20 慶尚南道 密陽市 嶺南楼・南川沿い一帯
○河東(ハドン)野生茶文化祭り
2018.05.19 ~ 2018.05.22 慶尚南道 河東郡 花開面・岳陽面(茶文化センター一帯)

<江原道>
○春川(チュンチョン)マイム祭り
2018.05.20 ~ 2018.05.27 江原道 春川市 春川中央路、春川劇場モムジッ、アニメーション博物館、スムスプ公園、水辺公園
○麟蹄(インジェ)龍垈里スケトウダラ祭り
2018.05.18 ~ 2018.05.22 江原道 麟蹄郡

-先取りトピックス(6~7月)-


■■6/6は顕忠節(ヒョンチュンジョル)

6月6日は韓国にとって大切な日。国家のために命を捧げた人を弔う日です。他の祝日は営業してもこの日だけは休むお店もあります。

■■梅雨が始まる(6月後半)

6月も末頃になると雨が多くなり、梅雨が始まります。雨の日の旅はなかなかつらいもの。そんな日は屋内で過ごしてみるのはいかがですか?また雨が降らない晴れた日は初夏らしく気持ちがいいもの。そんな夏も味わってみてください。


■■三伏(7月)

韓国では夏の間、滋養のために食べる日が3回あります。それが三伏(サンボッ)。7月にはその3回にうち初伏と中伏の2回、この日は体にいいとされる犬や鶏を食べます。

■■本格的なプール開き!(7月~)

早いところでは6月あたりから、ソウル市内にあるプールがオープンします。特に市民に親しまれている漢江市民公園プールは毎年7月からオープン。夏休み中は子供たちの歓声で賑わいます。

■■夏のセールはじまる(7月)

7月といえばソウルでは夏のセールの季節。百貨店をはじめ様々なお店で一斉にセールが始まります。


■■夏休み(7月後半~8月後半)

日本と同じく7月後半になれば学校も夏休みになります。漢江市民公園のプールや遊園地は子供たちで大にぎわいに!

以上、5月のソウルを見て参りましたが、いかがでしょうか?気候も良く、イベントも盛りだくさんの5月!そして5月といえば日本はGW。まさしく旅行シーズンですね!季節の良い時期の旅行なら、5月のソウルはオススメです。以上、ソウルナビがお伝えしました。

その他情報

*内容を2018年版に更新しました。<2018.4.19>

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-04-30

ページTOPへ▲

関連記事

5月の釜山【2017年】

5月の釜山【2017年】

旅行シーズン到来!気持ちよく街歩きができる釜山の5月。

5月の釜山【2016年】

5月の釜山【2016年】

釜山も5月はイベント目白押し!

その他の記事を見る